小学校受験で大切な対策方法

お受験シーズンになりますと、どうしても子どもよりも親のほうが不安になってしまい、何時も以上に厳しく子どもに勉強をしなさいと言ってしまいがちです。ですが、小学校受験の場合にはとにかくきちんとした対策というよりかは、楽しんで子どもに自信を持ってもらう事が重要になります。そこで大切になるのが、面接対策や勉強をする際に、解りやすく褒めてあげるという事です。今の言い方は良かったとか解り易かったといったように褒めれば、子どもも安心して面接の時に受け答えをする事が出来るでしょう。あれはダメ、これはダメといったように、全て否定してしまいますと、肝心の小学校受験がイヤになってしまう可能性があります。ですので、子どもに希望する小学校に行かせたいと親が願うのでしたら、一生懸命子どもの背中を見て、良い部分は徹底して褒めてあげるようにしましょう。

小学校受験の面接は、何を聞きたいのかを把握しよう

小学校受験の面接は、緊張してしまって何を言えば良いのか解らないというお母さんが多いのですが、企業の面接とは異なり、細かい所を突っ込んで聞いてくる先生はまずいません。ですので、面接対策を行う前に、学校側は面接の時に何を知りたいのかというのを理解しておきましょう。では、面接の際に先生は子どもや両親の何を知りたいのでしょうか。それは、家庭での教育方針を聞いてくる場合があります。これはものすごく重要です。何故かと申しますと、家庭での教育方針と学校での教育方針に違和感が無いかどうかというのをチェックしているからです。そして、家庭での教育方針は確立されていて、しっかりと行われているかどうかというのもチェックしています。両親の場合には、特に細かく聞いてくる可能性はありますが、堂々と受け答えできるように事前に対策を打っておきましょう。

小学校受験の面接で先生が知りたい事とは

小学校受験では、面接があります。特に親子面接の場合には、子ども以外にも親にも色んな質問があります。ですので、事前にしっかりと対策を打っておくようにしましょう。ですが、面接で聞かれる事に対してどのように答えるかというのだけを練習するのでは意味がありません。一番大切なのは、何故そういった質問をしてくるのかどうかという、質問の内容の意味を考えて対策を打つことが重要です。特に親にする質問で最も多いのが、家庭環境をチェックするような質問です。中には色んな角度で質問をして、返答してくる親の内容を見て、どういった家族なのかというのをチェックします。また、親の受け答えの内容や態度を見て、普段どのように子供と接しているのかどうかというのを見ている可能性もありますので、十分に気を付けなくてはいけません。面接対策は大変ですが、事前にきちんとしておきましょう。

名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 小学校受験の情報なら伸芽会にお任せください